三田

  • 印刷
施設の建設予定地。奥の建物が関西学院大学神戸三田キャンパス=三田市学園4
拡大
施設の建設予定地。奥の建物が関西学院大学神戸三田キャンパス=三田市学園4
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 関西学院大学はこのほど、神戸三田キャンパス(兵庫県三田市学園2)の近くに、起業家支援施設と学生寮を併設した複合施設を建設することを明らかにした。産学官民が協力してカルチャータウン全体の活性化や若年層の定住促進を図る狙いがあり、28日には土地を所有する県、大学、三田市の3者で連携協定を結んだ。関学大は2025年春の供用開始を目指す。(小森有喜)

 同キャンパスが位置するカルチャータウンは、北摂三田ニュータウンで最も遅い1992年に入居が始まった。3年後には関学大総合政策学部設置とともに同キャンパスが完成。2001年には、理学部が上ケ原キャンパス(同県西宮市)から移転し、その後、理工学部になった。さらに今春、同学部を理系4学部(理・工・生命環境・建築)に再編し、学生寮も建設することになった。関学大が三田で学生寮をつくるのは初めてとなる。

 複合施設は、大学南側の商業施設「三田まほろばブレッツァ」に隣接する約1万8千平方メートルの土地に建設予定。現在は県の所有地だが、21年度中をめどに大学が買い取るという。

 施設には、学生を含め、起業を目指す一般の人や起業して間もない人が活用できるスペースを設置する予定。このほか、県内の企業や産業を支援する機能、ITに関する知識を学べる教育機能なども備えるという。具体的な施設の内容や規模は今後検討していくという。

 協定では連携事項として、カルチャータウン地区の活性化や交流の拡大▽産学官民の連携促進▽起業家支援-などを掲げた。

 三田市若者のまちづくり課は「産業の創出などを通じ、この地で活躍する人材が出てくることでまちの活性化や定住促進につながる」と期待を寄せる。

 関学大の村田治学長は「学生寮も併設することで日常の暮らしの中に施設が溶け込み、学生が自然に起業家マインドを養うような相乗効果を生み出したい」とコメント。「地方創生につながる『三田モデル』を目指したい」としている。

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ