三田

  • 印刷
一般社団法人「イヒ」を立ち上げた(左から)菊地凌輔さん、寺井俊裕さん、延岡由規さん=三田市狭間が丘1
拡大
一般社団法人「イヒ」を立ち上げた(左から)菊地凌輔さん、寺井俊裕さん、延岡由規さん=三田市狭間が丘1
母校の北摂三田高校で6月、講演会を開いた=三田市狭間が丘1
拡大
母校の北摂三田高校で6月、講演会を開いた=三田市狭間が丘1

 「ふるさと自慢であふれる世界をつくる」との理念を掲げ、北摂三田高校出身の同級生3人が一般社団法人を立ち上げた。兵庫県三田市と連携したワークショップの開催や、企業との商品開発などに取り組み、地元の活性化に一役買う。(土井秀人)

 2012年に同校を卒業した、延岡由規さん(27)=三田市▽寺井俊裕さん(27)=京都市▽菊地凌輔さん(28)=大阪市-の3人が4月6日に設立。菊地さんは7月に三田に引っ越す予定だ。

 社名は「イヒ」で、「化」の字から名付けた。「人が変わる」という字の成り立ちから、ふるさとに誇りを持つ人を増やしたいとの思いを込めた。

 三田市と連携し、10月から「地域活躍人材育成プログラム(仮)」をスタートさせる。空き家問題やシャッター商店街といった地域課題と若者の問題意識を関連づけ、地域活動や起業へつながるワークショップを予定している。また、同市のふるさと納税を増やす支援や、食品加工・卸会社「日乃本食産」(志手原)と協力し、アウトドア用冷凍食品の開発なども検討している。

 3人は多様な本業を持つ。延岡さんは神戸市外国語大学在学中から国際協力の非政府組織(NGO)でインターンをしており、現在はNPO法人「e-Education」(東京)で発展途上国の教育支援に取り組む。ネパールとバングラデシュを担当しており、新型コロナウイルス禍が落ち着けば、1年のうち9カ月は現地に滞在する予定という。

 寺井さんは京都工芸繊維大学を卒業後、中小企業のブランディングを行う会社を共同経営。19年には「ゴボウキカク」(京都市)を設立し、中小企業の経営戦略づくりや新規事業立ち上げを支援している。

 菊地さんは関西学院大学に在学中、寺井さんと共に教科書を半額以下で購入できるウェブサイトを立ち上げた経験がある。卒業後はサイバーエージェント(東京)に入社し、ウェブ上で新商品や体験を応援購入する「マクアケ」の関西支社設立に参加。現在は地方事業部長を務める。

 イヒは、18年に3人が母校で講演したことをきっかけに設立した。今年6月にも同校で「自分の意思で選択することの重要性」などについて話した。延岡さんらは「私たちがまちを使って自由に遊ぶ。その姿を見て、同じように楽しむ人を増やし、生まれ育った三田に恩返ししたい」と話した。

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ