三田

  • 印刷
西村正徳さんの「O2ひまわり」
拡大
西村正徳さんの「O2ひまわり」
ひょうご北摂里山アートフォーラムのチラシ
拡大
ひょうご北摂里山アートフォーラムのチラシ
アートディレクターの北川フラムさん
拡大
アートディレクターの北川フラムさん

 アートの視点から北摂地域の里山の魅力を考える「ひょうご北摂里山アートフォーラム」が10月30日、県立人と自然の博物館(兵庫県三田市弥生が丘6)で開かれる。地元作家や美術学生らの作品を展示する。(小森有喜)

 県阪神北県民局は、里山の自然物を展示物に見立てた「北摂里山博物館(地域まるごとミュージアム)」と称して情報発信し、さまざまな事業を展開。里山の保全と利活用にも取り組んでおり、一環として同フォーラムを初めて開く。

 当日はアートディレクターの北川フラムさんらが、県内各地のアートにまつわる取り組みを紹介。北川さんはアートで地域再生を図る手法にいち早く着目したことで知られ、瀬戸内海の島々で開かれる現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクターなども務める。

 会場中庭には、作品を環境と呼応させる「ランドスケープアート」を手掛ける三田市在住の芸術家西村正徳さんの作品「O2ひまわり」数十点を展示。酸素ボンベを活用し、花に見立てたものだという。

 また、大阪芸術大学短期大学部の学生11人が、それぞれが描く「里山」のイメージから立体作品を創作。北摂地域の伐採木も活用している。他にも、木彫フォークアートおおや(養父市)のコレクションから若手作家の作品も並べる。

 無料。午後1時~4時半。予約が必要で先着150人。新型コロナウイルスの感染状況で、参加者を増減する可能性もある。北摂里山博物館のサイトで予約を受け付ける。同博物館事務局TEL0797・83・3114

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ