三田

  • 印刷
自作の茶わんで抹茶をたてる親子連れら=三田市、三輪明神窯史跡園
拡大
自作の茶わんで抹茶をたてる親子連れら=三田市、三輪明神窯史跡園

 三田青磁を子どもたちに知ってもらおうと、自分で作った陶器で茶をたてる「伝統文化親子教室」が27日、三輪明神窯史跡園(兵庫県三田市三輪)であった。親子連れら30人が参加し、茶道の作法などを学んだ。

 「NPO法人歴史文化財ネットワークさんだ」が主催。子どもらは9月から陶芸家伊藤瑞宝さんの指導で茶わんや皿、カップなどを作ってきた。

 この日は、日本人と茶の歴史を学んだ後、茶道・表千家の会員によるお点前を見学。子どもたちはそれぞれ作った茶わんで抹茶をたて、じっくりと味わった。

 ゆりのき台小5年の男児(11)は「抹茶をたてるこつが分かり、上手に泡が立った」とにっこり。妹で小2の女児(8)は「カップはスプーンを立てられるように工夫した。ちょっと難しかったけど、きれいにできた」と話していた。(土井秀人)

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ