三田

  • 印刷
カフェやスーパーが立ち並ぶ駅前=三田市福島
拡大
カフェやスーパーが立ち並ぶ駅前=三田市福島
事業前の航空写真。中心付近を南北に走るのがJR福知山線(三田市福島土地区画整理組合提供)
拡大
事業前の航空写真。中心付近を南北に走るのがJR福知山線(三田市福島土地区画整理組合提供)
開発計画の図(三田市福島土地区画整理組合提供)
拡大
開発計画の図(三田市福島土地区画整理組合提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 ウッディタウンの玄関口・JR新三田駅(兵庫県三田市福島)前の土地区画整理事業が完了した。長年開発が制限され田畑が広がっていた一帯だが、ここ5年でスーパーやカフェなど9カ所が開業。16日にあった完成式では、関係者らが「待ち望んでいたハード面の整備が実現した」と喜び合った。(小森有喜)

 駅は1986年に開業。大阪方面への始発駅で国道176号に隣接しており、現在はウッディタウンの住民や関西学院大学神戸三田キャンパスの学生らを中心に、1日あたり約2万8千人(2019年度)が利用している。

 市は1980年代からニュータウンや三田駅前を開発の中心と位置づける一方、他の地域での開発を抑制。新三田駅周辺も市街化調整区域に含まれ、農業以外での土地利用が制限されていた。

 しかし開発を望む声は強く、地域内に駅がある福島の住民有志がまちづくり構想などを提案。こうした働きかけもあって市は方針を転換し、2016年春、新三田駅を整備が可能な「市街化区域」に編入した。土地区画整理組合の設立を経て17年夏に事業が認可され、同年秋から工事が進められてきた。

 駅を挟んだ三つのブロックに分けて開発が進み、スターバックスコーヒーやコメダ珈琲店といった人気店のほか、スーパーのラ・ムーも出店。今後、西側にホテルの建設も予定されている。

 また、以前は西側にしかなかったロータリーが東側にも完成し、公園や水路も整備した。総事業費は約10億8300万円。土地の売却代金や公共用地に対する市の負担金などを充てた。

 生まれた頃から福島地区で暮らす土地区画整理組合の辻正明理事長(71)は「事業としての区切りは迎えたが正念場はこれから。行政とも連携しつつ、関学大生をはじめ若い人がより多く住んでくれるまちにしたい」と話した。

    ◇    ◇

■駅周辺開発促進「都市核」へ変更 市の「第5次総合計画」

 三田市内には、JRと神戸電鉄を合わせて11の駅があり、うち七つの駅の周辺について市が土地利用の方針を決定。総合計画では駅ごとに、市の中心となる「中心都市核」、商業施設などが集まる「都市核」、それ以外の「地域核」に分け、まちづくりの方向性を示してきた。

 市はこれまで、新三田駅周辺を広野・相野駅と同じ「地域核」に分類。しかし2022年度から始まる「第5次総合計画」では、より積極的に開発を進めるため、都市核に変更した。

 市は、新三田が鉄道やバスといった公共交通の結節点を担っていることにも着目しており、担当者は「今回の区画整理をきっかけにして、さらに大勢の人でにぎわう駅前になってほしい」としている。(小森有喜)

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ