総合 総合 sougou

  • 印刷
不法残留でベトナムへの強制送還が決まり、荷造りをする元技能実習生の男性=4月、兵庫県内
拡大
不法残留でベトナムへの強制送還が決まり、荷造りをする元技能実習生の男性=4月、兵庫県内

 「ありがとうございます」。裁判所の職員から同時通訳のイヤホンを受け取ると、お礼を言った。礼儀正しい青年だった。

 4月、神戸地裁。元技能実習生のベトナム人男性(21)が被告として証言台に座っていた。1年半前、暴力を受けて職場から失踪。新型コロナウイルス禍で漂流し、やがて逮捕された。故郷で店を持つのを夢見て来日したが、不法残留で強制送還が決まった。日本にいたかったのに、なぜこんなことになったのか。

 男性は在留期間が昨年7月に切れた後も日本にとどまり、今年2月、兵庫県内の金融機関で他人名義の在留カードを提示したとして、入管難民法違反の疑いで逮捕、起訴された。判決は執行猶予付きの懲役1年6月。勾留は3カ月弱に及んだが、公判はすぐ終わった。ベトナムへの送還は判決の5日後と決まった。

 公判で検察側は「もうかる日本を離れたくないという利欲的で利己的な動機」と主張。これに弁護側は「外国人を安価な労働力として利用しながら、過酷な労働環境に放置する日本の現状こそ問題」と反論した。

 実際はどうだったのか。強制送還される2日前、男性が取材に応じ、生い立ちや実習先から失踪した経緯などを語った。

 出身は首都ハノイから約20キロ離れた田舎だった。スマートフォンの地図アプリで映像を確認すると、背の低い建物と広大な田畑ばかりが目立つ。「お金持ちじゃない。家も狭い」。両親と姉との4人暮らし。中学を中退し、両親が営む飲食店を手伝っていた。

 日本が視野に入ったのは2017年、姉の日本留学がきっかけだった。後を追うように来日を決意。ただ、留学生は労働時間に上限があったため、技能実習生になることを選んだ。「実習生、貯金できる。留学生、無理」。送り出し機関に、友達や金融機関から借金をした約80万円を払い、日本語を勉強した。元実習生が講師だった。

 男性には目標があった。地元でファストフードチェーンのフランチャイズ店を開くことだ。実習生なら、借金を返済しても5年で約300万円はたまる-。10代後半で、そんな青写真を描いた。日本での暮らしが楽しみで仕方なかった。

 しかし、程なく暗転した。「頭たたかれ、肩を殴られた。日本人の先輩。殴る時は強い」。暴力は1週間に数回。半年ほど続いたという。男性は逃げ出した。(那谷享平)

【関連記事リンク】真面目に働いたのに…。強制送還のベトナム人男性が言った

総合の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ