連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

支え合う 尼崎JR脱線事故被害者の10年

  • 印刷

 「電車の怖さも、けがの痛みも、私は分からない。体験した人だから語り継げることがある。伝えていく負傷者の人を応援したい」

 昨年5月、川西市で開かれた尼崎JR脱線事故のチャリティーイベント。事故遺族の音楽講師原口佳代さん(55)=宝塚市=が壇上で語った。そばで聞いていた事故の負傷者松原友子さん(30)=伊丹市=の目に見る見る涙があふれた。

2015/4/21

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ