連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

支え合う 尼崎JR脱線事故被害者の10年

  • 印刷

 「地元の大事故です。多くの被害者がいます。僕らも何かすべきだと思います」

 尼崎JR脱線事故が起きた2005年4月25日の夜、阪神間を拠点に活動する弁護士の津久井進さん(45)は、事故被害者支援の経験が豊富な先輩弁護士、佐藤健宗(たけむね)さん(56)に勇んで電話した。

2015/4/22

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ