医療 医療 ひょうごの医療

シリーズ25 痛みと闘う

  • 印刷
エコーで映し出された骨や神経などの位置を確かめながら、患部に麻酔薬を注入する仁熊敬枝部長=姫路赤十字病院(撮影・神子素慎一)

エコーで映し出された骨や神経などの位置を確かめながら、患部に麻酔薬を注入する仁熊敬枝部長=姫路赤十字病院(撮影・神子素慎一)

痛みの悪循環を断つ 局所麻酔薬を患部に注射

 慢性疼痛(とうつう)の患者のうち、薬物療法だけで痛みが改善するのは、全体の半数程度とされている。飲み薬や貼り薬で効かない痛みには、局所麻酔薬などを患部に注射して、痛みを伝える神経を一時的に遮断する「神経ブロック療法」が有効な場合が多い。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2013/1/19
 

天気(8月8日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ