写真集新着一覧

  • 印刷

あのとき被災地は

写真集一覧に戻る

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部を震源地とする地震が発生。観測史上初の震度7を記録した都市直下型地震となった。近畿地方をはじめ西日本でも大きな揺れを観測した。被災地では建物の倒壊や火災で大勢の人たちが犠牲になり、7割を超えて窒息・圧死が死因となった。また、学校や公共施設などの指定避難所だけでなく、公園や民間の建物に身を寄せる人も多く、最大役31万人が避難しました。鉄道や道路、インフラ設備などが寸断され、復旧までに長い時間を費やしました。

関連死を含めた死者が6434人、住宅被害が約64万棟の巨大災害に。2月14日、政府は「阪神・淡路大震災」という呼称を決めた。

グループ