総合 総合 sougou

  • 印刷
レインボーハウスに通いながら成長し、16歳になった小島汀さん(左から2人目)=2007年12月、神戸市東灘区本庄町1
拡大
レインボーハウスに通いながら成長し、16歳になった小島汀さん(左から2人目)=2007年12月、神戸市東灘区本庄町1

■素の自分出せる「もう一つの家」

 3歳で阪神・淡路大震災に遭った小島汀(おじまみぎわ)(29)=兵庫県芦屋市=にとって、全壊したアパートのがれきに埋もれ、父を亡くした「あの日」の記憶はおぼろげだ。

 ただ、心にはくっきりと傷が残っていた。

 暗い所、狭い所が怖くて、1人でトイレに行けなくなった。映画館にも。夜、電気をつけたままで寝た。

 「お父さんがいない」ということを初めて意識したのは、芦屋市立精道小学校1年のときだ。忙しく働いていた母は授業参観に来ることができず、汀は思わず泣いてしまう。

 友だちが、家族や父のことを話しているときは、なんだか居づらくて、涙をこらえていた。

 それに、「死ね」という言葉に敏感になった。周りで友だちが言っているだけなのに、自分に向けられたわけじゃないのに、「突き刺さるように頭に入ってきた」。学校から帰り、母の顔を見て大泣きした。

   ◇

 汀には、母と兄と3人で暮らすアパートとは別に、もう一つ「家」があった。

 震災遺児の心のケアを目的に、あしなが育英会が1999年に建てた「神戸レインボーハウス」(神戸市東灘区)だ。

 自宅から歩いて5分の場所にあり、小中学生の頃は、学校が終わると毎日のように駆け込んだ。

 鬼ごっこをして走り回ったり、併設の寮で暮らす大学生に遊んでもらったり。「聞いて、聞いて!」。大好きな阪神タイガースや中学校で頑張っている陸上部の成績など、職員に話したいことはいっぱいあった。

 同じように家族を失った友だちと過ごす時間も、貴重だった。学校でクラスメートがお父さんの話をしていて「いいなー」と思ったことも、寂しさも、ここでは分かり合えた。

 汀にとってレインボーハウスは、「何でも受け入れてくれる。安心して、素の自分を思いっきり出せる楽しい場所」だった。

   ◇

 毎年1月、レインボーハウスでは「今は亡き愛する人を偲(しの)び話しあう会」があり、遺児が作文を読んだ。震災10年の2005年。中学1年だった13歳の汀が父への思いを伝えた。

 「もし、今お父さんに会えるなら、一番に甲子園に行く約束をして、一緒に六甲おろしを熱唱したいです」

 そして「あしなが育英会の友だちは、お父さんからの大切な宝物です」。(中島摩子)

【バックナンバー】

汀さんが追悼式で読んだ作文全文

(2)3歳で遺児

(1)プロローグ

【動画】汀の物語 二つの被災地を生きる理由

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ