総合 総合 sougou

  • 印刷
青白く光る子どもたちの手。特殊なライトや液体を使い、正しい手洗いを学ぶ=神戸市須磨区板宿町1、同市立板宿児童館
拡大
青白く光る子どもたちの手。特殊なライトや液体を使い、正しい手洗いを学ぶ=神戸市須磨区板宿町1、同市立板宿児童館

 暗がりの中で、小さな手が青白く浮かび上がる。「えー! まだ残ってるわあ」「もう一回洗わんと」。手洗い場へと急ぐ子どもたちの楽しげな声が響く。2月下旬、神戸市須磨区の児童館であった、同市保健所の手洗い講習の一コマだ。

 その仕組みはこう。汚れに見立てた特殊な液体を手に塗り、水洗いをした後、専用のライトをかざすと、洗い残しが光るという。

 市では、新型インフルエンザが流行した2009年以降、手洗いチェックのキットを導入。保健師が学校園や児童館、高齢者施設などで、感染症の予防策として正しい洗い方を指導する。

 昨年こそ「3密」を考慮し、講習は例年より少なかったというが、市保健所予防衛生課の担当者は「手洗いは感染対策の基本。キットのおかげで手洗いの効果を視覚化でき、指導しやすくなった」と手応えを口にする。(辰巳直之)

     ◆

 兵庫県内で新型コロナ感染者が初めて確認されてから、3月1日で1年を迎える。日常に浸透した「新しい生活様式」の現場にレンズを向けた。

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

【バックナンバー】

(1)密避けてテントで休日

(2)癒やしの空間 丸ごと徹底消毒

(3)お仕事は居酒屋で

総合の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ