総合 総合 sougou

  • 印刷
夕日を浴び、輝きを増した大麦畑=兵庫県稲美町加古
拡大
夕日を浴び、輝きを増した大麦畑=兵庫県稲美町加古
夕日を浴び、輝きを増した大麦畑=兵庫県稲美町加古
拡大
夕日を浴び、輝きを増した大麦畑=兵庫県稲美町加古

 兵庫県稲美町で、大麦が収穫期の「麦秋」を迎えている。西日本有数の産地でもある東播地域の麦畑は、実った穂で黄金色に彩られている。

 JA兵庫南によると、同町と加古川市を中心に農家が栽培しているのは、麦茶の原料となる六条大麦「シュンライ」。今年は約200ヘクタールで作付けし、計約700トンの収穫を見込む。

 生育は良好だが、近畿地方は16日、統計開始以来、最も早く梅雨入りした。担当者は「雨で品質が落ちないか心配」とやきもき。5月中の刈り取りを目指すという。

 同町内の麦畑では、梅雨の晴れ間の夕方、風に揺れる穂が陽光を受けて輝いた。一面に金色の大海原のような光景をつくり出していた。(門田晋一)

東播
総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ