総合 総合 sougou

  • 印刷
砂浜陥没事故の現場で花を手向ける泉房穂市長ら=明石市大蔵海岸通1
拡大
砂浜陥没事故の現場で花を手向ける泉房穂市長ら=明石市大蔵海岸通1

 2001年12月に兵庫県明石市の大蔵海岸で起きた砂浜陥没事故で、帰省中だった金月美帆ちゃん=死亡当時(5)=が亡くなって、26日で丸19年となった。神戸新聞社の取材に対し、母の路子さん(52)は「月日はたったかもしれないが、つらい空白の時間が長く、実感が湧かない」と話した。

 事故は東京から帰省していた美帆ちゃんと父の一彦さん(54)が同海岸を散歩中に起きた。陥没した砂浜に埋まった美帆ちゃんは意識不明の重体となり、翌02年5月26日に亡くなった。

 路子さんは今回の命日を前に、美帆ちゃんの遺品をまとめた大きな箱二つを久しぶりに開けた。美帆ちゃんの写真が納まるアルバムに胸がぎゅっと締め付けられる。「普段の私は元気にしているけど、見るとつらさがこみ上げる」

 明石市や国に対して「ここで二度と事故が起きないよう、私たちと同じ悲しい思いをする人が出ないよう、みんなの憩いの場所となることを願う」と話した。

 この日、明石市の泉房穂市長らが事故現場で献花し「歩道橋事故と併せ、救えた命を救えなかった行政の責任は重い。市民の命を守るという市の責任を果たすため、できることは精いっぱいやっていく」と述べた。(小西隆久、有冨晴貴)

明石
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ