総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市は1日、新型コロナウイルスの変異株で、英国型が持つ感染力が強い「N501Y変異」に加え、ワクチンの効果を弱める可能性があるとされる「E484Q変異」を併せ持つ新たな変異株が国内で初めて確認されたと発表した。海外では欧州を中心に約150例確認されており、英国型と同様、感染力は従来株の1・32倍、重症化リスクは1・4倍高いという。

 市によると、E484Qと性質が似た、南アフリカ型やブラジル型が持つ「E484K変異」はワクチンの効き目を弱めるとみられることから、同様の特徴を持つ可能性があるという。

 感染が分かったのは、市内に住む50代の男性。渡航歴など海外との接点がないことから、市は男性の体内で変異が起きた可能性があるとみている。

 市は「変異株の監視体制を確立できているため、今回の確認につながった」と説明。「市中には広がっておらず、脅威ではない」との認識を強調した。

 男性は5月17日に新型コロナの陽性が判明。同市健康科学研究所で検体をPCR検査してN501Y変異株と確認された。さらにゲノム解析でE484Q変異を持つことが分かった。市が1日に国立感染症研究所に伝えたところ、国内初の例で、アジア圏ではこれまでに5例しかないと確認したという。

 男性は軽症で、5月27日に自宅療養を終えた。同居者1人が濃厚接触者と判定されたが、陰性だった。(初鹿野俊)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

【図表】目で見る兵庫県内の感染状況

神戸新型コロナ
総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ