総合 総合 sougou

  • 印刷
2万円商品券の交付案について説明する丹波市の林時彦市長=丹波市役所
拡大
2万円商品券の交付案について説明する丹波市の林時彦市長=丹波市役所

 兵庫県丹波市は、新型コロナウイルス対策として、市内の低所得者ら1万1千人を対象に、1人当たり2万円の商品券を交付する事業案をまとめた。2日、事業費約2億4900万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を市議会に提出した。

 同市の林時彦市長は昨年の市長選で、全市民への現金5万円給付を公約に掲げて初当選した。給付総額約32億円を見込んでいたが、今年1月、公約を修正。全市民に商品券2万円を交付する事業案(総額約13億2900万円)を市議会に提案したが、否決された。

 今回の事業案では、前案に比べて事業費も対象者数も約5分の1に減る。林市長は同日、市役所で会見し「前回は国からの臨時交付金で財政的な裏付けがあった」と説明。一方で「公約は否決されて断念した」とし、「今回は担当部が上げてくれた案で、公約とは関係なく代替案でもない」と強調した。

 商品券は、市内約400店で使える「たんば共通商品券」。対象は、2021年度住民税非課税世帯の約1万人と、家計が急変したことで住民税非課税水準未満に相当する世帯の約1千人。申請を受け付け、9月に引換券を発送、商品券の使用期間は来年1月までを想定している。

 今年1月の市議会では、全市民への商品券交付案について「本当に困っている市民に寄り添うべき」という意見があり、市の担当部は「議会の声も踏まえて施策を考えた」としている。(藤森恵一郎)

丹波
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月27日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ