総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市の長田淳教育長(右端)に報告書を手渡す調査委員会の佐藤功行委員長(右から2人目)ら=3日午前、神戸市中央区東川崎町1(撮影・吉田敦史)
拡大
神戸市の長田淳教育長(右端)に報告書を手渡す調査委員会の佐藤功行委員長(右から2人目)ら=3日午前、神戸市中央区東川崎町1(撮影・吉田敦史)

 2018年11月、兵庫県尼崎市で電車にはねられて亡くなった市立中学校2年の男子生徒=当時(14)=が、以前通っていた神戸市立小学校でいじめを受けた可能性がある問題で、有識者らでつくる第三者調査委員会は3日、男子生徒の机に書かれた落書きをいじめと認定し、「自殺の一要因になったことは否めない」とする調査報告書を神戸市教育委員会に提出した。

 報告書によると、男子生徒は小学校卒業を控えた17年3月、机に油性フェルトペンで「死ね」「デブ」などと落書きされた。同市立中に進んだが、「小学校の時のことがあるから」と2学期から欠席がちになり、同年10月に尼崎市立中へ転校。自殺未遂を繰り返し、18年11月に踏切内で電車にはねられて亡くなった。

 報告書では、「落書き発見の前日、男子生徒らしき人物が机の前で立ち尽くしていた」との目撃情報から、小学校が自作自演の可能性を疑ったとした。第三者委は男子生徒がその後入院した精神科の医師に「落書きされた」と申告したことなどから、自作自演を否定し、いじめと認定した。

 また、学校側が目撃情報に接したことで、男子生徒に対する個別支援・対応の仕方に変化が生じた可能性を指摘。落書きやその後の学校の対応が「自殺願望を増強する一要因になったことは否めない」と結論づけた。落書きの加害者は特定できなかったとした。

 第三者委は大学教授や精神科医ら6人で構成され、19年11月に設置。これまでに計19回開かれ、小学校時代の同級生らにアンケートや聞き取りを実施してきた。(長谷部崇)

神戸阪神
総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ