総合 総合 sougou

  • 印刷
高座から44日ぶりの昼席再開を喜ぶ桂三実さん=神戸市兵庫区新開地2、神戸新開地・喜楽館(撮影・(撮影・三津山朋彦)
拡大
高座から44日ぶりの昼席再開を喜ぶ桂三実さん=神戸市兵庫区新開地2、神戸新開地・喜楽館(撮影・(撮影・三津山朋彦)
高座から44日ぶりの昼席再開を喜ぶ桂三実さん=神戸市兵庫区新開地2、神戸新開地・喜楽館(撮影・(撮影・三津山朋彦)
拡大
高座から44日ぶりの昼席再開を喜ぶ桂三実さん=神戸市兵庫区新開地2、神戸新開地・喜楽館(撮影・(撮影・三津山朋彦)
高座から44日ぶりの昼席再開を喜ぶ桂三実さん=神戸市兵庫区新開地2、神戸新開地・喜楽館(撮影・(撮影・三津山朋彦)
拡大
高座から44日ぶりの昼席再開を喜ぶ桂三実さん=神戸市兵庫区新開地2、神戸新開地・喜楽館(撮影・(撮影・三津山朋彦)

 新型コロナウイルス禍の影響で、4月25日から休演していた上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」(神戸市兵庫区)が7日、44日ぶりに昼席を再開した。7月の開館3周年を前に新たなスタートとなった高座を、出演者、観客とも笑顔で満喫した。

 6月20日まで延長された緊急事態宣言は劇場、映画館などで開催基準を緩和。各地で公演が再開されてきた。しかし落語は重症化しやすい中高年ファンが多く、喜楽館は再開時期を慎重に探ってきた。当面、観客数も定数(212席)の半数以下の96席に抑える。

 この日は午後2時の開演前から観客の列ができた。開演を告げる一番太鼓が地元商店街に威勢よく響き、寄席ムードが盛り上がった。高座の1人目には、同館名誉館長・桂文枝さんの弟子の三実さんが登場。「寄席の再開に足を運んでいただき、誠にありがとうございます」とお礼を述べた上で、「しばらくぶりの高座なので大目に見ていただき、かむのを許してください」とおどけてみせ、笑いを取った。

 妻(77)と訪れた男性(85)=同市東灘区=は「緊急事態宣言なのでほとんど家にいましたが、久しぶりに外出しました。落語で気持ちを晴れやかにしたい」と話した。

 14~20日は「プロ野球応援ウイーク」、7月5~11日には3周年記念公演を予定。11日には文枝さんがトリを務める。(金井恒幸)

神戸
総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ