総合 総合 sougou

  • 印刷
全候補者の残票を数え直す尼崎市職員ら=尼崎市西長洲町1
拡大
全候補者の残票を数え直す尼崎市職員ら=尼崎市西長洲町1

 6日投開票の兵庫県尼崎市議選(定数42)で、有権者から不在者投票を受けた名古屋市千種区選挙管理委員会が、尼崎市選管に1票を送り忘れていたことが9日、分かった。同市選管は、投票締め切り後に届いた票を「無効」と判断。投票の秘密を保障するため、開封もしないと決めた。同市議選の最終議席は1票差で当落が分かれていた。

 尼崎市選管によると、今回のケースは過去に例がなく、公職選挙法にも判断の規定がないという。投票用紙は4年間保管する。

 不在者投票は8日午前に尼崎市選管に届き、同日午後、区選管から謝罪の電話があった。名古屋市に滞在していた尼崎市の男性が4日に不在者投票したが、区選管の職員が郵送を失念していたという。

 区選管は男性への謝罪を申し出たが、男性は「時間ぎりぎりに投票したのは自分。謝罪の必要はない」と尼崎市選管を通じて回答した。

 一方、次点で落選した男性は「あってはならないこと。民主主義の根幹である選挙事務では細心の注意を払ってほしい」と話している。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ