総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 12~15歳への新型コロナウイルスワクチンの接種について、神戸市の久元喜造市長は10日、国の明確な方針が示されるまで、中学校や高校での集団接種の実施も含め「しばらく検討を休止する」と明らかにした。

 市は米ファイザー製ワクチンの接種対象が12~15歳にも広げられたのを受け、一般接種と並行して12~15歳への接種も検討を開始。市立中学校や高校などで集団接種を実施することも視野に入れていた。

 一方、萩生田光一文部科学相は8日の記者会見で、子どもへのワクチンの影響について専門家と検証しているとし、「もうしばらく整理したい」などと、接種に慎重な姿勢を示した。神戸市にも学校での集団接種への抗議が殺到したといい、市は政府の動きなどを見極める方針。

 久元市長は「厚生労働省は自治体に12~15歳の接種を進めるよう通知を出し、その一方で文部科学省はブレーキをかけており、大変当惑している。国の明確な方針を示していただきたい」と要望した。

 12~15歳への集団接種は、安全性への不安や、接種を希望しない子どもが差別されるのではないかという懸念などから、慎重論が広がっている。

 小中学生への集団接種を行う方針を示していた岡山県総社市にも抗議の電話が相次ぎ、同市は12~15歳への接種券の配布を見送った。京都府伊根町も調整していた中学校での集団接種を取りやめた。(三島大一郎)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ