総合 総合 sougou

  • 印刷
「旭洞門」から差し込む朝日=11日早朝、兵庫県新温泉町三尾
拡大
「旭洞門」から差し込む朝日=11日早朝、兵庫県新温泉町三尾

 兵庫県北部の新温泉町と香美町の境にある、断崖絶壁に開いた大きな穴「旭洞門」で11日早朝、洞門から朝日が差す珍しい光景が見られた。5~6月の気象条件が整う日だけに現れる絶景という。

 旭洞門は、日本海へ突き出した半島「鋸岬」の一部に当たる。幅約6メートル、高さ約8メートル、海面から約5メートルの高さにある穴で、波の浸食などで形成された。

 地元漁師の中村新一さん(83)はこの日午前4時半ごろ、新温泉町の三尾漁港を出発。日の出時刻の4時50分ごろは東の空に厚めの雲があったが、同5時すぎに数分間だけ、洞門越しの朝日を見ることができ、「やっぱりきれいやなあ」としみじみと話していた。(末吉佳希)

但馬
総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ