総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
斎藤元彦氏
拡大
斎藤元彦氏
金田峰生氏
拡大
金田峰生氏
金沢和夫氏
拡大
金沢和夫氏
中川暢三氏
拡大
中川暢三氏

 兵庫県知事選(7月1日告示、同18日投開票)の公開討論会は、県政の課題や将来像について、立候補予定者4人が2時間にわたり論戦を展開した。互いに政策や立場の違いを指摘し合い、激しいやりとりが繰り広げられる場面もあり、選挙戦さながらに火花を散らした。

 参加したのは、前大阪府財政課長の斎藤元彦氏(43)=自民、維新推薦▽元兵庫県議の金田峰生氏(55)=共産推薦▽前兵庫県副知事の金沢和夫氏(64)▽元加西市長の中川暢三(ちょうぞう)氏(65)。

 序盤は新型コロナウイルスへの対応や人口減対策、観光客の誘客など7テーマについて1人ずつ政策や考え方を表明。それぞれの主張に耳を傾けたが、各立候補予定者が誰か1人を指名して質問する場面では、途端にヒートアップした。

 応酬の口火を切ったのは金沢氏。兵庫県の財政調整基金(貯金)の少なさを指摘する斎藤氏に対し、県の予算編成に関わった立場から「阪神・淡路大震災の借金を返し、県民サービスも維持するため貯金する余力がなかった。何ができたと思うか」と尋ねた。

 大阪府などで財政課長を務めた斎藤氏は「コロナ対策、未来への投資のため貯金は必要。(同じ知事による)県政が長く続き、やめられない事業がある。行政サービスをゼロベースで見直す」と切り返した。

 公約に文化・芸術団体の振興が触れられていないと、金沢氏に指摘された斎藤氏は「総花的ではなく、ポイントを絞った。豊かな文化・芸術は育んでいく」と反論し、違いを強調した。

 斎藤氏も、人口の転出超過が続く兵庫の現状を指摘し、県の政策立案に携わってきた金沢氏に原因や対策をただした。

 金沢氏と斎藤氏に厳しい質問をぶつけたのは中川氏。各種団体の推薦を受ける金沢氏に「しがらみにならないのか?」と問い掛け、金沢氏は「それぞれの活動がなければ県は成り立たない。望ましいしがらみだ」と応じた。

 斎藤氏には、政党推薦ありきで立候補表明したのではないかと迫り、「(同じ)総務省(出身)の先輩の金沢さんを押しのけたようだ」と指摘。斎藤氏は「兵庫を良くするため、一人でも立ち上がろうという思いだった。先輩、後輩というのはあくまで内向きの議論だ」と述べた。

 4人はいずれもコロナ対策を重視。金田氏は「行革と言って、福祉を削ってきた」と県政を批判。PCR検査の充実などを訴え、「命と尊厳、暮らしとなりわいを大切にする県政に変える」と主張した。

 司会者の質問に「○」「×」の札を上げて答える場面では、4人全員が女性副知事の登用に賛成。東京五輪・パラリンピックの開催は斎藤氏以外は反対した。(紺野大樹)

総合の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ