総合 総合 sougou

  • 印刷
大勢の海水浴客でにぎわう須磨海岸=2019年8月、神戸市須磨区
拡大
大勢の海水浴客でにぎわう須磨海岸=2019年8月、神戸市須磨区

 新型コロナウイルス禍を受け、神戸市が、須磨海水浴場(同市須磨区)と、アジュール舞子海水浴場(同市垂水区)を今年も開設しないことが15日、関係者への取材で分かった。感染防止のため、人の流れを抑えるのが目的。2年連続で「我慢の夏」となる。

 須磨海水浴場は昨年、感染防止策が困難などの理由で、記録が残る1982(昭和57)年以降で初めて開設を中止。アジュールも昨年、砂浜の改修以来16年ぶりに開かなかった。例年であれば、須磨は約70万人、アジュールは約20万人でにぎわうという。

 市は今夏の開設を検討してきたが、新型コロナの感染拡大が続く中、人々の移動を抑制するためにも中止はやむを得ないと判断。海の家の営業もしない。

 兵庫県内では、淡路島の慶野松原や大浜、多賀の浜などの海水浴場も閉鎖することが決まっている。(三島大一郎)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ