総合 総合 sougou

  • 印刷
恩田馨氏
拡大
恩田馨氏
小原一徳氏
拡大
小原一徳氏

 神戸市の恩田馨副市長(53)が、任期途中の6月末で退任することが17日、関係者への取材で分かった。恩田氏は昨年7月に副市長に就任し、任期は2024年7月までだった。後任には行財政局長の小原一徳氏(59)を起用する方針。24日の市会本会議で人事案が提案され、同意されれば7月1日に就任する。

 関係者によると、退任は一身上の都合という。

 恩田氏は東京大法学部を卒業後、92年に旧自治省(現総務省)に入り、内閣官房内閣参事官などを歴任。茨城県古河市の助役、高知県や福岡県の総務部長も務めた。総務官僚出身の3人目の副市長として20年7月に就任し、健康や福祉、文化スポーツ、教育などの分野を担当した。新型コロナウイルス対策の担当副市長でもあった。

 小原氏は84年に入庁。須磨区長、経済観光局長、保健福祉局長、健康局長を歴任し、20年から現職を務める。(三島大一郎)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ