総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
雌の背中に雄が抱きつき、まるで宇宙遊泳のように水面を漂うモリアオガエルのペア=神戸市北区山田町下谷上(撮影・吉田敦史)
拡大
雌の背中に雄が抱きつき、まるで宇宙遊泳のように水面を漂うモリアオガエルのペア=神戸市北区山田町下谷上(撮影・吉田敦史)
池の上に伸びた枝先で卵塊を作るモリアオガエル=神戸市北区山田町下谷上
拡大
池の上に伸びた枝先で卵塊を作るモリアオガエル=神戸市北区山田町下谷上
雌の背中に雄が抱きつき、まるで宇宙遊泳のように水面を漂うモリアオガエルのペア=神戸市北区山田町下谷上(撮影・吉田敦史)
拡大
雌の背中に雄が抱きつき、まるで宇宙遊泳のように水面を漂うモリアオガエルのペア=神戸市北区山田町下谷上(撮影・吉田敦史)
雌の背中に雄が抱きつき、まるで宇宙遊泳のように水面を漂うモリアオガエルのペア=神戸市北区山田町下谷上(撮影・吉田敦史)
拡大
雌の背中に雄が抱きつき、まるで宇宙遊泳のように水面を漂うモリアオガエルのペア=神戸市北区山田町下谷上(撮影・吉田敦史)

 兵庫県版レッドリストで絶滅危機が増大しているBランクに指定されているモリアオガエルが、神戸市内など各地で産卵のピークを迎えている。水辺の樹上で1匹の雌に複数の雄がしがみつき、白い泡状の卵塊を作っている。

 日本の固有種で、本州のほぼ全域に分布する。体長4~8センチで、アマガエルに似た青緑色。水面上に枝が伸びた池などが産卵に適しており、そうした場所の保全や、捕食動物アライグマの侵入をいかに防ぐかが重要となっている。

 神戸市北区の六甲山中にある池では深夜、雄の「クククク」「ココココ」という鳴き声が辺りを包む。枝先に雌が現れると雄が群がり、産卵が始まる。卵を守る粘液を雄が後ろ脚でかき混ぜ、数時間かけて卵塊を作っていく。

 1週間ほどでふ化し、オタマジャクシは水面に落ちて育つ。(吉田敦史)

総合の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 10%

  • 34℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ