総合 総合 sougou

  • 印刷
朗読劇「島守の塔」=東京・大田区民ホール
拡大
朗読劇「島守の塔」=東京・大田区民ホール

 太平洋戦争末期、軍の命令に苦悩しながら県民の命を守ろうと力を尽くした沖縄最後の官選知事・島田叡氏(神戸市須磨区出身)の生誕120年を記念した朗読劇「島守の塔」が22日、東京・蒲田の大田区民ホールで上演された。26日から7月2日までオンラインでも有料配信する。

 6月公開を目指していた同名の映画(神戸新聞社などで製作委員会を構成)が新型コロナウイルス禍で撮影延期となっているため、その脚本を基に企画・制作された朗読劇。語りは貴城けいさん、北翔海莉さん、舞羽美海さんら元タカラジェンヌの俳優3人が務めた。

 島田氏は米軍上陸が迫る1945年1月、沖縄に赴任。警察部長だった荒井退造氏(宇都宮市出身)とともに県民の疎開や食料調達に奔走した後、消息を絶った。映画は今も沖縄で「島守」と慕われる島田氏らを主役に、命や平和の尊さを伝える脚本で、今年秋の撮影再開を目指している。(小森準平)

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ