総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県三木市の市立三木特別支援学校で昨年12月、人工呼吸器を装着した女子生徒(15)が呼吸停止に陥り、意識不明の重体となった問題で、市教育委員会は22日、第三者による事故調査委員会を設置すると発表した。弁護士、医師、大学教授らで構成し、年内に調査結果を報告する方針。

 昨年12月11日、学校看護員が肺や気管の痰排出を補助する「カフアシスト」を施すため、当時中学3年の女子生徒の体を持ち上げた後、容体が急変。病院に搬送されたが、意識は回復せず、女子生徒の代理人弁護士は「脳死に近い状態」と説明する。

 事故後、市教委は調査を進めたが、「原因の断定が困難」とし、事故調査委設置を決めた。市教委が7月までにまとめる基礎調査報告書を参考に、外部委員が8月ごろから調査を始める。大北由美教育長は「(第三者に)調査をしてもらい、原因を究明するとともに再発防止につなげたい」と話した。(篠原拓真)

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ