総合 総合 sougou

  • 印刷
豊岡アートアクション設立について会見する中貝宗治理事長(中央)ら=豊岡市中央町(撮影・阿部江利)
拡大
豊岡アートアクション設立について会見する中貝宗治理事長(中央)ら=豊岡市中央町(撮影・阿部江利)

 前兵庫県豊岡市長の中貝宗治氏は22日、自らが取り組んできた「演劇のまちづくり」を民間で進めていくため、一般社団法人豊岡アートアクション(豊岡市)を設立したと発表した。市民講座の開催などでまちづくりの理念を広く伝えていく。

 8日に法人格を取得。会長に中貝氏、副理事長に同市在住の漫画家ひうらさとる(本名・田口真理子)さんが就いた。理事は俳優や地元経営者を含む10人で、7人を女性が占める。

 中貝氏は4月の市長選で落選。新市長の関貫久仁郎氏は、演劇のまちについて市の関与を弱める姿勢を示す。9月に開く「豊岡演劇祭」実行委員会の会長職も、市長が就く会則を変更。民間出身者が就任した。

 官から民に主役が移る中、中貝氏は、豊岡演劇祭や演劇を使った教育の支援も検討。応援者として思想家内田樹さんや山極寿一前京都大学長、女優の渡辺えりさんらも名を連ねた。ホームページで賛助会員(年会費3千円)や寄付も募る。

 中貝氏は「演劇の与える社会的インパクトは、このまちにとってプラスになると確信している」と話した。(石川 翠)

総合の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ