総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
オンラインで取材に応じるツバルのカラロ・ヘポイテロト・メイブカ選手
拡大
オンラインで取材に応じるツバルのカラロ・ヘポイテロト・メイブカ選手
五輪に向け、1人で練習するカラロ・ヘポイテロト・メイブカ選手=加古川運動公園陸上競技場
拡大
五輪に向け、1人で練習するカラロ・ヘポイテロト・メイブカ選手=加古川運動公園陸上競技場

 東京五輪の陸上男子100メートルに向け、兵庫県加古川市で1人きりの事前合宿に取り組んでいる南太平洋の島国、ツバルのカラロ・ヘポイテロト・メイブカ選手(22)が、オンラインで神戸新聞社の取材に答えた。一問一答は次の通り。

 -加古川市での生活には慣れた?

 「気候にも慣れてきた。(時差ぼけも)もう大丈夫。体の調子もいい」

 -新型コロナウイルス感染拡大の影響で1人だけの合宿になったが、寂しくない?

 「加古川市がサポートしてくれるので大丈夫。特に寂しくはない。コロナの影響なので仕方がないと思っている」

 -1人だけの合宿だと分かって不安はなかったか。

 「大丈夫だった。1人になっても、日本までの道中を支援してくれる人がいたし、加古川市には(2019年の“1年前合宿”で訪れた時に)知っている人もいる。多くの人がサポートしてくれるので、安心して練習できる」

 -コーチもいない。

 「(大学に通っている)フィジーで取り組んでいたトレーニングがあるので、これまでやってきた通りに練習している。練習の動画を撮影してフィジーのコーチに送り、指導を受けている」

 -練習場所の加古川運動公園陸上競技場と、宿泊先の加古川市立少年自然の家に行動が限られている。

 「外に出掛けたい気持ちもあるが、コロナ対策があるので、仕方がないと思っている。決まり事をしっかり守りたい」

 -家族や友人らのサポートは。

 「電話をくれたり、(会員制交流サイトの)フェイスブックのメッセンジャーでメッセージをくれたりと、1人で寂しくないように、くつろいで過ごせるように気を遣ってくれている」

 -宿泊先のコテージ内では何をして過ごしている?

 「トレーニングのクールダウンをしたり、ストレッチをしたりしている。あとはほとんど寝ている(笑)」

 -練習で心掛けていることは。

 「自分はなぜ日本に来ているのかということを常に考えている。国のことを考えている」

 -31日に陸上男子100メートルの予備予選が迫る。意気込みを。

 「自己記録を更新したい」

 -コロナで直接交流できないが、加古川市民にメッセージを。

 「以前(2019年)に来た時は大変歓迎してくれて、とてもびっくりした。今回もその時と変わらず、親切に接してくれている。当時友達になった人も今回は会えないが、サポートしてくれて感謝している。皆さん、ありがとうございます」

(聞き手・斉藤正志)

東播五輪兵庫1五輪兵庫コラム1
総合の最新
もっと見る
 

天気(9月27日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ