総合 総合 sougou

  • 印刷
感謝状を受け取る高木裕美さん(右)と赤穂有紀子さん=長田署
拡大
感謝状を受け取る高木裕美さん(右)と赤穂有紀子さん=長田署

 銀行で居合わせた高齢女性に声を掛けて特殊詐欺被害を防いだとして、兵庫県警長田署はこのほど、神戸市長田区のパート従業員の高木裕美さん(49)と同区の無職赤穂有紀子さん(56)に署長感謝状を贈った。

 2人は6月4日夕、同区の銀行で現金自動預払機(ATM)の前に並んでいたところ、最前列で70代女性が、着信音が鳴り続ける携帯電話とATMを同時に操作するのに手間取っていたという。

 不審に思った高木さんが「大丈夫ですか」と声を掛けると、女性は「大丈夫」と答えた。しかしその後、女性が電話の相手に預金残高を伝えているのを聞き、2人は「やっぱり身内との電話じゃない。おかしい」と疑ったという。赤穂さんが女性の電話を替わると、「おたくには関係ないでしょ」と怒る若い男の声。2人は詐欺だと確信し、電話を切ってATMから離れるよう女性を説得した。

 同署によると、女性は区役所職員を名乗る男から「医療費の還付金が2万5千円ある」と電話を受け、ATMに誘導されていたという。

 感謝状を受け取った高木さんは「高齢者の大事なお金を守れてよかった」、赤穂さんは「1人暮らしのお金を狙うなんて腹立たしい。未然に防げてよかった」と振り返った。

 山中博幸署長は「コンビニ店員や銀行員ではなく、利用客が被害を阻止するケースは珍しい。これからも積極的に声を掛けてもらえると助かる」とねぎらっていた。(小野萌海)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ