総合 総合 sougou

  • 印刷
開票トラブルを受け、票を数え直す市職員ら=18日午後11時47分、西宮市中央体育館
拡大
開票トラブルを受け、票を数え直す市職員ら=18日午後11時47分、西宮市中央体育館

 18日にあった兵庫県知事選の開票作業で、西宮市選挙管理委員会が集計した票数が、投票者数より18票多くなるトラブルがあった。票を数え直したが原因は特定できず、市選管は「持ち帰り・その他」をマイナス18票とする異例の処理で帳尻を合わせた。これにより、知事選全体の確定時間は19日午前2時半までずれ込んだ。

 市選管が18日夜に発表した投票者数は16万8219人。実際に数えると16万8237票あった。

 市選管は午後11時半ごろから100票ごとの束を数え直すなどしたが誤りは見つからず、県選管に対応を相談。投票者数より実際の票が少なければ、得票数を有効とした上で「持ち帰り」や「不受理」として扱うことが多いが、逆に持ち帰りをマイナスとして計算上の数字を合わせた。確定は19日午前1時56分で、予定より約2時間遅れた。

 加古川市の開票所でも、票数が投票用紙を交付した投票者数より1票多かった。同市選管は、他の市町で交付された投票用紙が持ち込まれ、2票投じた者がいる可能性があるとしている。(山岸洋介、斉藤正志)

【特集ページリンク】兵庫県知事選2021

阪神
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ