総合 総合 sougou

  • 印刷
県民賞に選ばれた渡部美智子さんの工芸作品「毎日が日曜日」(兵庫県立美術館提供)
拡大
県民賞に選ばれた渡部美智子さんの工芸作品「毎日が日曜日」(兵庫県立美術館提供)

 兵庫県立美術館は18日、同館分館・原田の森ギャラリー(神戸市灘区)で開催中の「2021県展」(神戸新聞社など主催)で、来館者の投票で決める「県民賞」に、たつの市の渡部美智子さんの工芸作品「毎日が日曜日」が選ばれたと発表した。

 同賞は、展示された入選作201点の中から、来館者が1人につき3作品に投票して決める。渡部さんの作品は白髪の男性2人が縁台でくつろぐ様子を表現した人形で、投票総数1498票のうち104票を獲得した。作品は工芸部門の大賞・知事賞にも選ばれている。

 県展は新進美術家の登竜門に位置づけられる公募展で、会場には絵画や彫刻・立体など6部門の作品が並ぶ。21日まで。入場無料。午前10時~午後6時(最終日は午後1時まで)。同館県展係TEL078・262・0907

(古根川淳也)

神戸西播
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ