総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 9月25日に新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場を閉鎖する兵庫県小野市が25日、約千人分の予約を受け付けたところ、開始から10分で全ての予約枠が埋まった。個別接種を行う市内医療機関にも問い合わせが殺到しているという。急激な感染拡大が背景にあるとみられ、市は600人分の追加予約枠を設け、27日午前9時から予約受け付けを始める。

 未接種の市民からは不安の声が上がる。今回、予約ができなかった30代の男性会社員は「接種はしたくなかったが、デルタ株の感染力を見て考えが変わった」とし、「のんびりしていた自分も悪いが、集団接種会場を来月に閉めるのは急過ぎる」と話す。

 市によると、27日から始まる600人分の接種が終了すると、12歳以上の市民の77%が1回目の接種を終える計算になるという。

 市の担当者は「集団接種の受け付けは27日分で終了するが、9月の個別接種の予約枠もまだ空きがある。10月以降も個別接種はできるので落ち着いて予約を」としている。

 追加の集団接種の日程(1回目)は9月2日(午後、夜間)。30人分の妊婦優先枠も設ける方針で、妊婦の希望者はコールセンターに直接電話する。TEL0794・70・8190(杉山雅崇)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

北播新型コロナワクチン
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月18日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 18℃
  • 13℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 10%

  • 21℃
  • 12℃
  • 30%

お知らせ