総合 総合 sougou

  • 印刷
淡路ファームパーク・イングランドの丘へ移る北方系コアラのウミ=神戸市灘区王寺町3、王子動物園(撮影・坂井萌香)
拡大
淡路ファームパーク・イングランドの丘へ移る北方系コアラのウミ=神戸市灘区王寺町3、王子動物園(撮影・坂井萌香)
淡路ファームパーク・イングランドの丘へ移る北方系コアラのピーター=神戸市灘区王寺町3、王子動物園(撮影・坂井萌香)
拡大
淡路ファームパーク・イングランドの丘へ移る北方系コアラのピーター=神戸市灘区王寺町3、王子動物園(撮影・坂井萌香)

 兵庫県南あわじ市の観光施設「淡路ファームパーク・イングランドの丘」へ、神戸市灘区の王子動物園にいるコアラ2匹が移ると、両市が2日発表した。

 原産地のオーストラリアで北方系と呼ばれる個体で、雌のウミ(7歳)と雄のピーター(5歳)。南方系コアラを国内で唯一飼育するイングランドの丘が、新たに北方系の導入を希望していた。

 ウミは平川動物公園(鹿児島市)、ピーターは東山動植物園(名古屋市)が所有し、王子動物園が繁殖用に借りている。イングランドの丘が借りる期間は、ウミが今後5年間、ピーターが23年3月末までとなる。

 今月15日に神戸から南あわじへ移る。展示を始める時期は未定という。

 イングランドの丘の南方系コアラは現在、4匹。高齢化し、県が姉妹都市の西オーストラリア州に新たな個体の提供を陳情中。ウミとピーターは南方系とは分けて飼育し、赤ちゃんコアラの誕生を期待する。

 北方系は南方系より一回り小さく、体毛の色が薄い。田原和彦所長(59)は「2系統を見比べて楽しんで」と話している。

 今回の移籍で、王子動物園のコアラは6匹になる。(西竹唯太朗)

神戸淡路
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ