総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンの注射器=神戸市中央区港島南町2、市立医療センター中央市民病院(資料写真)
拡大
新型コロナウイルスワクチンの注射器=神戸市中央区港島南町2、市立医療センター中央市民病院(資料写真)

 兵庫県西宮市は14日、市内在住の30代女性が新型コロナウイルスワクチンを2会場で計4回接種していたと発表した。いずれもファイザー社製で、体調に異常は確認されていない。女性は「市から接種券が届いたので、接種しなければいけないと思った」と説明しているという。

 市によると、女性は高齢者施設の職員として、県外の勤務先で4月30日と5月21日に優先接種を受けた。その後、6月27日と7月18日にも西宮市の設置する集団接種会場で接種した。

 7月23日、最初の2回分の予診票が県国民健康保険団体連合会から市に到着。担当者が9月10日、予診票に基づき接種履歴を市の台帳に登録しようとした際、すでに6月27日の接種履歴が登録されていたため、重複接種が判明した。(山岸洋介)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

阪神新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ