総合 総合 sougou

  • 印刷
普段の生活で意思を文字盤で伝える=西宮市内
拡大
普段の生活で意思を文字盤で伝える=西宮市内

 私、口では話されへん。

 生後、首がすわらなくて、検査したら脳性まひって分かった。

 でも、相手の話していることは分かるよ。みんなと一緒。ゆっくりしゃべらんくても理解できてる。

 ただ、かなや漢字は小学2年生レベルやねん。

 「あ」から「ん」まで一覧表になってる「文字盤」を指でさして、その単語から伝えたいことを連想してもらって、会話をしてる。

 手を1回たたいたら「はい」、2回だったら「いいえ」って伝える方法もある。表情で喜怒哀楽も分かってもらえるし。

 さて、伝えたいのはここから。私、4月に腸閉塞で入院してん。

 車いすに乗ってて、24時間介助者が必要やけど、8年前から1人暮らしをしてんねん。介助者が生活をサポートしてくれるのが私の日常。

 最初の入院は2週間ほど。今までも入院したことはあるけど、介助者がいてくれたから、困ることはあんまりなかった。

 だけど今回は、コロナのせいで介助者が病院に入れんくなってん。

 入院中ずっと一人。家に帰りたくて帰りたくて、ずっと泣いてた。

 やっと退院できたと思ったら、また入院。5月の半ばから7月の終わりぐらいまで約2カ月半。ほんまにほんまに長かった。

 その間、私の世話をしてくれたのが看護師さん。でも介助をしてくれるわけじゃないから、伝わらないことがいっぱいで。看護師さんは忙しいから、文字盤でゆっくり会話をする時間もないし。

 体が自由に動かないから、長時間ベットにいたら、激痛走るねん。

 頭、背中、お尻、足、それぞれ痛くない場所にずらしてほしいけれど、それも伝えられん。もちろん、呼び出しボタンも自分で押せないし。

 顔は右向きが楽やけど、緊張が入ると左に向いてしまう。普段やったら、介助者がクイッと直してくれるけど、病院は看護師さんがずっといてくれるわけではないから、4時間ぐらい、体位が変わらないこともしょっちゅう。ずっと全身痛いまんま。

 あごもよく外れるけど、放置。看護師さん「こおへんわ」って、もう諦めてた。きつい。それが毎日。

 「こんなに通じひんのや」って。泣きまくるしかなかった。

 入院中、刑務所みたいやった。

(丸山桃奈)

【プロフィール】女性。ビールと餃子が大好物。介助者の恋愛相談にのるのが得意。

新型コロナ嗚呼、コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ