総合 総合 sougou

  • 印刷
20年に1度の祭礼「三ツ山大祭」で、奉納土俵入りを披露した横綱白鵬(中央)=2013年4月、姫路市総社本町、播磨国総社
拡大
20年に1度の祭礼「三ツ山大祭」で、奉納土俵入りを披露した横綱白鵬(中央)=2013年4月、姫路市総社本町、播磨国総社
高さ約18メートルの「置き山」(中央奥)を背に、20年に1度の三ツ山大祭で奉納土俵入りを披露した横綱白鵬(中央)=2013年4月、姫路市総社本町、播磨国総社
拡大
高さ約18メートルの「置き山」(中央奥)を背に、20年に1度の三ツ山大祭で奉納土俵入りを披露した横綱白鵬(中央)=2013年4月、姫路市総社本町、播磨国総社
「1.17希望の灯り」の前で献花する横綱白鵬(右)と日馬富士=2015年3月、神戸市中央区、東遊園地
拡大
「1.17希望の灯り」の前で献花する横綱白鵬(右)と日馬富士=2015年3月、神戸市中央区、東遊園地

 現役引退を決意した白鵬は、地方巡業などで兵庫県をたびたび訪れ、土俵入りや取り組みで県内ファンを沸かせてきた。阪神・淡路大震災を始め、災害に見舞われた被災地にも足を運び、住民を勇気づけたことも。長く角界を支えた大横綱の決断に、県内からもねぎらいの声が聞かれた。

 横綱として史上最長の84場所の在位期間を誇る白鵬。本場所のみならず地方巡業でも存在感を発揮し、兵庫県内では阪神間から、播磨、但馬、丹波地方まで、各地で力強い取り組みを披露した。

 横綱昇進直後の2007年秋には神戸で巡業。歴代単独最多となる9度目の全勝優勝を果たした13年には、播磨国総社(姫路市総社本町)で20年に1度行われる伝統の「三ツ山大祭」で土俵入りを奉納した。養父市で17年にあった「但馬場所」では、稀勢の里(現荒磯親方)との横綱対決で会場を大きく沸かせた。

 被災者を励ます四股も踏んだ。14年秋には丹波市に巡業。同年8月に豪雨被害を受けた被災者に笑顔をもたらした。阪神・淡路大震災から20年となった翌15年春には、日本相撲協会の企画で他力士とともに神戸・三宮の東遊園地にある「1・17希望の灯り」を訪れて黙とうをささげ、南あわじ市では綱を巻いて土俵入りした。

 テレビ観戦を欠かさなかったという神戸市兵庫区の自営業の女性(76)は「前の千秋楽の時は痩せていて、辞めるのかなと思っていた。いい引き際なのでは。ぱっと勝負を決める試合が多いのが印象的だった」。同市垂水区の男性(73)は「日本国籍も取って日本語も上手。今後は次の白鵬を育ててほしい」と願った。(大盛周平、小野萌海、丸山桃奈)

スポーツ
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ