総合 総合 sougou

  • 印刷
飛散防止のシートを首から垂らし、本体の解体工事が始まった世界平和大観音像=淡路市釜口
拡大
飛散防止のシートを首から垂らし、本体の解体工事が始まった世界平和大観音像=淡路市釜口
もろくなった壁面が撤去され、内部の鉄骨がのぞく観音像=淡路市釜口
拡大
もろくなった壁面が撤去され、内部の鉄骨がのぞく観音像=淡路市釜口

 解体撤去に向けた工事が進む兵庫県淡路市釜口の「世界平和大観音像」で、本体の解体作業が始まった。壁材の飛散を防ぐためのシートが取り付けられ、首から前掛けを垂らしたような姿になった。(内田世紀)

 工事は今年6月にスタート。これまでに現地事務所の設置や雑草の除去、台座部分の内装撤去など準備していた。当初は9月から観音像を囲む足場を設置し、上部から順に壊していく予定だった。

 しかし、事前の調査で、2014年の台風などでできた穴の周辺が風雨にさらされ、想定以上に劣化していることが判明。このまま足場を組むことは危険と判断し、もろくなった部分を先に除去するよう、計画の一部を変更した。

 今月20日ごろから、像の首の部分にある展望台から綱を垂らし、足元まで3枚の細長い養生シートを掛けた。その後、像の内部から壁面のモルタルを壊し、内側に落とす作業を進めた。27日には、像の左脇腹部分の穴が大きくなり、内部の鉄骨などが見える状態となった。

 国から工事を請け負う大阪市の建設会社は、「危険を回避しながら工事を進めている。10月には足場を組み始めるめどが立った」とする。淡路市などによると、観音像の解体は来年6月ごろまでかかる見込み。台座の撤去など全ての工事完了は23年2月下旬を予定する。

淡路
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 21℃
  • 9℃
  • 20%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ