総合 総合 sougou

  • 印刷
再整備が進むJR三ノ宮駅周辺=神戸市中央区
拡大
再整備が進むJR三ノ宮駅周辺=神戸市中央区
都心・三宮再整備の全体図(神戸市提供)
拡大
都心・三宮再整備の全体図(神戸市提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
再整備が進むJR三ノ宮駅周辺=神戸市中央区
拡大
再整備が進むJR三ノ宮駅周辺=神戸市中央区

 JR西日本が建て替え計画を進める新たな三ノ宮駅ビルについて、同社は5日、高さ約160メートルの高層ビルを2029年度に開業すると正式に発表した。商業施設やホテル、オフィスなどが入るほか、公共交通機関の乗り換えをしやすくし、ターミナル機能を高める。外観も含めて「神戸らしさ」にこだわり、にぎわいの創出を図る。

 新ビルは同社が単独で手掛ける施設としては最も高い約160メートル。延べ床面積は約10万平方メートルとした。「神戸ならではの魅力を体感できる」ホテル▽多様な働き方を提案するオフィスゾーン▽多様な文化に触れられる商業施設で構成する。

 来年度、設計に着手し、23年度に着工、29年度内の開業を目指す。建設に当たっては、三宮に乗り入れる鉄道6路線の乗り換えがしやすいよう結節機能を強化。周辺施設も含めて回遊性を高め、広場やイベントに使える空間も設ける。総事業費は数百億円規模になる見込みという。

 三ノ宮駅ビルの建て替えは、同社が18年に発表した中期経営計画(5カ年)で、大阪、広島両駅と並ぶ「三大プロジェクト」に位置付けられた。

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用者が激減し、同社の業績は大幅に悪化した。昨年10月、長谷川一明社長は「ゼロから検証する」とし、新ビル計画の見直しを表明。改めて市場調査などを行い、内容の再検証を進めていた。新ビルの詳細な内容について、長谷川社長は「来年度の半ばまでには公表したい」としている。

 三ノ宮駅直結の旧駅ビル「三宮ターミナルビル」は1981年に開業し、ホテルや商業施設などが入っていたが、老朽化が進み、2018年に閉館した。(三島大一郎)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ