総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 第49回衆院選は19日公示される。与野党9党と無所属の候補が31日の投開票に向けて12日間の選挙戦に入り、新型コロナウイルス対策や経済政策などを巡り論戦を繰り広げる。小選挙区289、比例代表176の計465議席に対し、共同通信の17日夜の集計では1040人前後が立候補を予定している。2017年10月以来、4年ぶりの審判。21日の衆院議員任期満了を越えての衆院選は現憲法下で初となる。

 兵庫県内の12選挙区では、7党が公認候補を擁立する見込み。無所属を含めた立候補予定者は前回より1人少ない39人で、現行の小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降で最少となっている。

■NEXTで県内立候補者を速報

 電子版「神戸新聞NEXT(ネクスト)」では、県内12小選挙区の立候補者名と経歴を速報します。また、衆院選の情報をまとめた特集ページ「衆院選2021」を公開中です。

衆院選兵庫ニュース選挙
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ