総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸大学=神戸市灘区六甲台町
拡大
神戸大学=神戸市灘区六甲台町

 神戸大学大学院医学研究科(兵庫)と、医薬品メーカー「楽天メディカルジャパン」(東京)は18日、唾液腺がんの患者に関する共同研究の契約を結んだと発表した。神戸大にある過去の患者約100人分の検体を活用し、がんの増殖に関わるタンパク(EGFR)の傾向を調査。唾液腺がんに関するデータは少ないといい、レーザー光でがん細胞を壊す新たな治療法「がん光免疫療法」の参考にする。

 同療法が保険適用される頭頸部がんのうち、唾液腺がんは約5%を占め、年間約1800人が発症するとされる。神戸大は過去に手術した患者の検体を提供し、楽天メディカルジャパンが、がん光免疫療法のターゲットとなるEGFRの量を検査。両者でデータを評価、解析する。同療法は、EGFRが多く現れるがんに効果があるとされる。

 神戸大では7月、治療や研究の拠点「光免疫治療センター」を開設。楽天メディカルは、光免疫療法で必要な新薬と、照射に使うレーザー機器を開発しており、連携を進めている。

 同センター長の丹生健一教授は「唾液腺がんに対する光免疫療法の可能性が広がると期待している」と述べた。(井川朋宏)

医療
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ