総合 総合 sougou

  • 印刷
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1
拡大
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1

 共同通信社は第49回衆院選について19、20両日、全国の有権者17万4千人を対象に電話調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。自民党は定数465のうち単独過半数(233)をうかがうものの、公示前の276議席の維持は微妙だ。立憲民主党は共産党などとの野党共闘が奏功し、与党との接戦区が増えている。公明党は堅調。日本維新の会は議席増へ勢いを見せる。小選挙区では投票先未定が3割近くおり、31日の投開票に向け情勢は変わる可能性がある。

 自民は289小選挙区のうち、190程度で先行。11ブロックの比例代表(定数176)でも他党を上回り、公示前の66議席に近づいている。衆院選直前に菅政権から岸田政権に代わったことで、支持が回復基調にある。

 立民は、共産などの支援を受け先行する選挙区が約50ある。共闘で接戦に持ち込んでいる40程度の選挙区を制すれば、公示前の110議席(比例代表含む)を上回るが、比例がやや伸び悩んでおり予断を許さない。

 公明(公示前29議席)は公認を立てた9小選挙区で支持を固めつつある。800万票獲得を目標に掲げる比例も公示前の21議席に手が届きそうだ。

 共産党は比例で公示前の11議席から上積みする可能性がある。小選挙区でも1議席を維持しそうだ。

 公示前11議席の維新は、衆院に単独で法案提出できる21議席以上の獲得が現実味を帯びている。大阪の小選挙区で勢いがあるほか、比例近畿で議席を伸ばしそうだ。総じて他のブロックでも浸透している。

 国民民主党は前職6人が小選挙区で健闘している。れいわ新選組は比例で議席を獲得しそうだ。社民党は小選挙区の1議席死守へ懸命。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は支持に広がりを欠く。

【特集ページ】衆院選2021

選挙衆院選兵庫ニュース
総合の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ