総合 総合 sougou

  • 印刷
7番勝負を4連勝し、喜びを語る西山朋佳白玲=16日、奈良市内(日本将棋連盟提供)
7番勝負を4連勝し、喜びを語る西山朋佳白玲=16日、奈良市内(日本将棋連盟提供)

 昨年創設された将棋の女流タイトル戦最高峰「第1期白玲戦」7番勝負は16日、奈良市で第4局が指され、西山朋佳女流三冠(26)が渡部愛女流三段(28)を4連勝で破って初代「白玲」となった。女王、女流王座、女流王将と合わせ、自身最多の四冠となった西山は終局後の会見で「ずっと思い描いていたビジョンが実現し、大きな自信になる」と喜んだ。

 西山と渡部は昨年11月からのリーグ戦とトーナメントを勝ち抜き、7番勝負に進出した。互いの棋風通り、4局とも渡部の居飛車、西山の振り飛車の対抗形に。西山は先手番の第1、第3局でゴキゲン中飛車を、第2局では四間飛車を採用。第4局で初めて三間飛車を選んだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ