総合 総合 sougou

  • 印刷
歌手の松原健之(神戸新聞社)
拡大
歌手の松原健之(神戸新聞社)

 ロマン歌謡が持ち味の歌手・松原健之が「風のブーケ」をシングルリリースした。グルメなどご当地ブランドを紹介するMBS系の新バラエティー番組「西乃風ブラン堂」(月曜深夜)のテーマ曲に採用された。「優しい言葉が多く、心癒やせる曲。コロナ禍で苦しむ人らに届けたい」

 静岡県の海沿いの街・袋井市出身。2001年、劇団前進座公演で原作・脚本を担当した作家五木寛之に歌声を見込まれて出演したのが、芸能界入りのきっかけとなった。05年に「金沢望郷歌」でデビュー。澄んだ声を生かし、冬や雪国がモチーフの作品が多い。

 「風のブーケ」は恋を懐かしむ。松原は「〈風のブーケを君に贈る〉の一節がいい。大切な人に贈る思いを込めている」と紹介する。

 神戸の精神科医と音楽療法に取り組んだ経験もあり、神戸新聞松方ホールで4回公演。「故郷と同じ海があり、好きな街」と話す。デビューから16年、「誰の心にも残るような歌を歌いたい。神戸をテーマにした作品にも挑みたい」と目標を語った。(津谷治英)

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ