総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 投開票日が31日に迫る衆院選。神戸新聞社では24~26日、兵庫県内12選挙区の終盤情勢について電話世論調査を行った。公示直後の19、20日に実施した序盤情勢と同じく、与党の自民、公明が10選挙区で安定した戦いを維持していることが分かった。一方で、無党派層で投票先を決めていない有権者も多く、投開票までに情勢が変わる可能性もある。(敬称略)

     ◇

 安定した戦いを見せる自民関を、維新和田が激しく追う。関は4期務めた知名度や人脈を生かし、自民支持層の7割近く、公明支持層の5割を固めた。和田は維新支持層の6割弱をまとめたほか、保守層にも一部浸透する。共産赤田は党支持層の大半を固めたが、伸び悩む。立民とすみ分けた国民佐藤は苦戦している。

選挙衆院選兵庫特集3区
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ