総合 総合 sougou

  • 印刷
SNS相談窓口やウェブ上の語り場にアクセスできるQRコード
拡大
SNS相談窓口やウェブ上の語り場にアクセスできるQRコード

 兵庫県は11月から、新型コロナウイルス禍で変化した暮らしや生活の不安を抱える女性を対象にした支援事業を展開する。会員制交流サイト(SNS)を活用した無料相談窓口「こころちゃっと」と、女性同士が悩みを共有できるビデオ会議アプリ上の語り場「CoCo(ココ)カフェ」を開設。生理用品の無料配布も行う。(金 旻革)

 相談窓口と語り場は県内在住、在勤、在学の女性が対象。こころちゃっとは若い世代を中心に普及するSNS上で女性相談員がチャットで対応。学校や職場、人間関係、金銭的な悩みなど日々の不安に寄り添い、解決の糸口をともに探る。

 県によると、これまで電話相談窓口はあったが、SNSによる相談対応は初めての試み。若年層が相談しやすい環境を整えた。相談は県の委託を受けたNPO法人が受け持つ。同月2日から毎週火-土曜日の午前10時~午後1時。相談時間は1回30分以内。匿名可能で予約は不要となる。

 CoCoカフェは、仲間との対話で心の負担軽減を図る目的。アプリの「Zoom(ズーム)」で実施。同月10日から毎月第2水曜日午後8~10時、もしくは毎月第2土曜日午前10時~正午に開催する。無料で入退室は自由。参加希望者は開催2日前までに申し込む。

 利用方法はいずれもホームページ(https://cocorochat.com)、もしくはQRコードからアクセスできる。

 また、経済的に困窮する女性向けに生理用品の無料配布を11月1日から県立男女共同参画センター(神戸市中央区東川崎町1)で開始する。配布場所は今後、県内のマザーズハローワークや大学などに拡大する予定。

 いずれの支援事業も、国の地域女性活躍推進交付金などを財源に実施する。

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月10日)

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ