総合 総合 sougou

  • 印刷
ずらりと並ぶブース内でワクチン接種を受ける高齢者ら=5月、神戸市内
拡大
ずらりと並ぶブース内でワクチン接種を受ける高齢者ら=5月、神戸市内

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種で、神戸市は12日、市が接種場所と日時を指定する「おまかせ予約」方式を新たに導入すると発表した。電話やインターネットによる予約の混乱を避けるのが狙いで、希望日に受けられる従来の方式も併用するという。

 市によると、市内の接種対象者(12歳以上)の接種率は、1回目が82・9%、2回目が80・5%。3回目接種は12月から行う予定で、今月22日に医療従事者ら約1万5500人に接種券を発送し、その他は2回目接種から8カ月が経過したころに順次発送する。

 予約を巡っては当初、コールセンターに問い合わせが殺到し電話がつながりにくかったり、会場でネット申し込みを手伝う「お助け隊」に行列ができ予約に時間がかかったりした。

 3回目接種から新設する「おまかせ予約」は、かかりつけの病院がない人らを対象に、市が接種場所と日時を指定する。来年2月以降に導入する予定で、予約方法などの詳細は後日改めて公表するという。

 久元喜造市長は「希望者の予約の負担を軽くし、よりスムーズに接種ができるようにしたい」と話した。(三島大一郎)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナワクチン神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月20日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 40%

  • 4℃
  • -2℃
  • 90%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ