総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
来年で見納めになるイチョウ並木=小田南公園
拡大
来年で見納めになるイチョウ並木=小田南公園

 扇状の葉が風に吹かれてひらりと舞い、陽光にきらりと光る。2025年にプロ野球・阪神タイガースの2軍本拠地が移転する予定の小田南公園(兵庫県尼崎市杭瀬南新町3)で、イチョウが遊歩道を黄色く染めている。新球場は22年12月の着工予定で、約300メートルにわたる絶景は来年で見納めとなる。

 公園北側を中心に、約150本が植わる。市によると、イチョウ並木があるあたりに球場などをつくる計画で、今ある並木道はなくなってしまう。ただ、市民からは「自然を残してほしい」との要望が噴出しており、市は公園敷地内の別の場所に植え替えるなど、代替案を模索している。

 公園を管理するパークマネジメント尼崎は「見頃は今週の中頃くらいまで」としている。(大田将之)

阪神
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ