総合 総合 sougou

  • 印刷
神河町役場=兵庫県神河町寺前
拡大
神河町役場=兵庫県神河町寺前

 任期満了に伴う兵庫県神河町長選は16日告示され、現職で4選を目指す山名宗悟氏(62)、新人で元同町職員の山下和久氏(62)、新人で元同町議の藤原裕和氏(69)がいずれも無所属で立候補し、3人による選挙戦が確定した。投開票は21日。

 同町は人口減対策が急務で、移住・定住促進や子育て支援の在り方、住み続けられるまちづくりなどが主な論戦のテーマとなる。

 山名氏は地域創生で「未来に希望が持てる町に」と訴え、町政の継続を主張。山下氏は「行政への不信感をよく聞く」とし、防災力強化や福祉の充実を掲げる。藤原氏は「役場も身を切る改革を」と行政運営の効率化などを強調している。(吉本晃司)

立候補者の経歴はこちら

西播
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月27日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 3℃
  • 40%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ