総合 総合 sougou

  • 印刷
養鶏場で殺処分作業に当たる県職員らから状況を聞き取る兵庫県の斎藤元彦知事(右端)=姫路市内(県提供)
拡大
養鶏場で殺処分作業に当たる県職員らから状況を聞き取る兵庫県の斎藤元彦知事(右端)=姫路市内(県提供)

 兵庫県は18日、姫路市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザについて、国の機関による遺伝子検査でウイルスが「H5N1型」の高病原性と確認されたと発表した。県は同日午後4時までに飼育されていた鶏約15万羽のうち、8万6350羽を殺処分した。24時間態勢で作業を続け、20日までの処分完了を目指す。

 農林水産省によると、姫路で確認されたウイルスの型は、今季の発生例のうち、鹿児島県の養鶏場1カ所と宮崎県の野鳥のふんと同じだった。

 兵庫県の斎藤元彦知事は18日午後、感染が確認された養鶏場を視察。その後、姫路市の中播磨県民センターで取材に応じ、「過酷な環境での作業だ。従事する職員を増やし、72時間以内(20日まで)の完了を目指すが、少し過ぎるかもしれない」と話した。(山路 進、田中宏樹)

姫路
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ